Home > 名古屋のチャペルについて > カップルの信仰は関係なく利用できるのが名古屋チャペルウェディング

カップルの信仰は関係なく利用できるのが名古屋チャペルウェディング

 見た目的にもこじんまりしていて、女子たちが思わず可愛いと口にしてしまうのが、名古屋にもあるチャペルであり、気軽に誰でも気軽に挙式ができるブライダル専用の施設です。基本的に宗教色はほとんど出ないですし、運営は国内大手の会社などブライダルを手掛ける会社といったパターンが多いです。大手企業の運営をする施設のチャペルは、建築物に宗教を感じることはなく、ここもキリスト教の教会とは異なります。牧師さんをお願いしてキリスト教式でチャペルウェディングは行いますが、カップルが何の宗教を信仰していようと、全く問題はありません。燦々と明るい光の入るガラス張りの祭壇が用意されていたり、中にはシャンデリアなどできらびやかに施すチャペルもあります。挙式だけではなく撮影やレセプションパーティーなどもできる施設が、敷地内にはほぼすべて揃っているので、結婚式に関わることは一通り行える施設がほとんどです。

 一生に一度の結婚式だからといって、今の時代は昔のように、この日のために莫大なお金をかける人ばかりではありません。華やかな結婚式のスタイルでも知られる名古屋であっても、現代はブライダルに対する考え方は人それぞれです。大きな結婚式を挙げるカップルもありますが、チャペルなどを利用して、挙式だけのこじんまりした、アットホームな結婚式をする人も少なくはありません。費用面が抑えられるチャペルでの挙式だけのスタイルは、何百万円もかけての披露宴のような豪華さはないですが、その分お金を新婚生活費に回すことができます。披露宴をしないことで貯金のあまりないカップルでも、思い出に残る挙式を素敵なチャペルで挙げることができますし、新婚旅行にその分を回すこともできるので、自由なスタイルです。

 ステンドグラスにバージンロードなど、名古屋のチャペルウェディングへの憧れは、乙女たちなら誰でも持つことです。多くの女子を魅了してやまないチャペルウェディングですが、キリスト教の信者ではないとしても、挙式が可能かは気になります。まず街の中にある教会の場合は、キリスト教信者ではなくても、何か特別な条件で制限をされることが無いですが、牧師との面談をカップルでするのが一般的です。街の中にある教会で挙式をあげたいなら、教会にもよりますが、結婚講座などへの参加をすることもあります。ただこうした施設での結婚式は、新郎か新婦のいずれかがキリスト教信者であることが前提なので、教会の方針もあるので信者以外でも挙式可能かは確認をすることです。結婚式場専門施設やホテルなどに併設されているチャペルでは、宗教は全く関係なく、チャペルウェディングをすることができます。

次の記事へ