Home > 名古屋のチャペルについて > 名古屋でのハッピーウェディングのためにも教会とチャペルの違いを

名古屋でのハッピーウェディングのためにも教会とチャペルの違いを

 海外のようなウェディングに憧れを抱きつつ、教会とチャペルの違いは何か、ささやかな疑問も持つ女子も多数です。名古屋のチャペルでハッピーウェディングをあげたいと考えても、この違いが判らず混同してとらえがちになります。結婚式を挙げるために建築されているのがチャペルの会場であり、クリスチャンではない人でも、何の宗教を信仰していようとも、挙式をすることができる場所です。チャペルの運営をしているのはブライダルサービスを手掛ける企業ですから、結婚式のために必要になるサービスも設備も、一通り揃えていて不自由がありません。会場内の雰囲気やロケーション重視で挙式をしたいカップルには、チャペルウェディングはもってこいです。地元のクリスチャンたちが礼拝をおこなうためにあるのが教会であり、結婚式のための建築物ではないですが、挙式をすることもできます。

 名古屋でのチャペルウェディングをもっと個性的にしたいと考えた時、会場でのオリジナル演出はできるのかも知っておきたい情報です。どのような会場を選ぶかによっても、チャペル内外における演出ができる幅は違ってきます。聖歌隊たちによる合唱があったり、パイプオルガンの生演奏などの演出以外にも、との会場に対応できる演出の提案が可能です。チャペルウェディングではだれもがこがれる、挙式後のゲストたちの手で行われる、フラワーシャワーは定番ですし、ほかにも華やかな祝福の演出をすることができます。花びらを散らしての祝福のみではなく、バルーンリリースなどは大空に色とりどりの風船を放つ演出になるので、より華やかで壮大な演出です。一斉に花びらを待ち散らせるフラワーシャワーや、ライスシャワーなどを行ったら、そのあとの片づけも忘れずに行います。それらの片づけに関しては、身内で協力をしてくれるスタッフの手によりスッキリ片づけて、マナーを守っての演出をすることです。

 レストランウェディングや和装の結婚式も素敵ですが、名古屋でのチャペルチャペルウェディングも定評があり、誓いのキスや父親と歩くバージンロードなど、魅力的な部分が満載です。感動的なセレモニーも数々あるのがチャペルウェディングであり、重圧感が漂う人前式にはないような空間での、神聖なセレモニーであることも、多くのカップルを惹きつける魅力になります。パイプオルガン演奏があったり、幻想的なステンドグラスの施された建物で行う挙式は、クラシカルな演出によりウェディング衣装をより引き立ててくれる要素です。ステンドグラスのデザインへの工夫もあり、ひかりが上手に屈折をして美しさをアップさせるような設計になっていることもあります。こうした工夫が凝らされているチャペルなので、ドラマや映画の一幕を感じさせる、まさにドラマチックな挙式ができるのがチャペルウェディングです。