Home > 名古屋のチャペルについて > 名古屋チャペルの花道の演出はフラワーシャワー以外にも

名古屋チャペルの花道の演出はフラワーシャワー以外にも

 挙式をして披露宴パーティーをするのがセットになっているのが、日本では定番の結婚式のスタイルですが、今では結婚式も多様化しています。昔の結婚式と言えば親族をはじめ知人や地域の人など、かなりの招待客を招いての式をお金をかけて行っていましたが、現代はすべてがそうとは限りません。挙式プラス披露宴をするスタイルだけではなく、シンプルに挙式だけ行うカップルも多くなっていますし、名古屋のチャペルでささやかで思い出に残る挙式もありです。自由な結婚式のスタイルを選択できるのが現代であり、昨今では人前に出ることへのシャイな感情を持つカップルや、派手なことはしないでシンプルが良いというカップルもいるので、挙式だけも増えています。チャペルでの挙式だけのウェディングは、婚姻届けを出すのみではなく、ゲストにも見守られての結婚のけじめにもなりますし、感謝の気持ちを家族に伝えやすいです。

 名古屋チャペルでの結婚式を控えての準備は大忙しですが、二人の永遠の愛を誓い合った後の、花道までの演出も考えておく必要があります。定番でいえば新郎新婦があ油る花道は、ゲストたちの手により散らされる、花びらが舞うフラワーシャワーは大人気です。ゲストたちに祝福をされる挙式後の花道での演出ですが、昨今ではフラワーシャワーも人気を持続させつつも、花道の演出はほかにもあります。定番のシャワー演出も見逃せませんが、現代では珍しいアイデアもあり、その一つの花道での演出としてリボンワンズも華やかです。招待客がみんなでリボンをつけたワンズを振り、カップルを祝福するのがリボンワンズの演出であり、はややレースをつてたアレンジはさらにキュートになります。花道での演出にリボンシャワーも人気が高く、小さな蝶々結びのリボンを華やかに散らすことで、写真撮影も華やぎますし、オーガンジーやサテンは人気が高いリボン素材です。

 名古屋チャペルでの挙式でも、感動をマックスにするのは、チャペルのバージンロードを歩く姿です。チャペルウェディングでの見どころ場面として、お父さんと腕を組んで歩く花嫁脳型であり、チャペルのバージンロードを歩く新婦入場のシーンは涙が流れます。父親が娘へ持つ愛情は底知れないものがあり、さみしい気持ちもあるものの、新郎に大事な娘を噛ませるという意味がありますし、新郎は娘さんを幸福にしますという決意の表れです。チャペルで最大級に輝く花嫁は、父親への感謝の気持ちと、新郎と結婚できて幸福である感謝の心が、全て入り組むのがバージンロードです。新婦がチャペルに入場シーンは、それぞれの切なさや感謝の想いが交差する、ゲストを巻き込んだ感動的な瞬間でもあります。どんなバージンロードを歩きたいのか、あらかじめイメージを持ってチャペル選びをするのも良い方法です。

次の記事へ