Home > 名古屋のチャペルについて > 招待するゲストのことも考えて選ぶ名古屋のチャペルウェディング会場

招待するゲストのことも考えて選ぶ名古屋のチャペルウェディング会場

 素敵なチャペルでの結婚式ができるのも名古屋のエリアですが、チャペル挙式会場選びをするときには、二人で雰囲気の良さもチェックすることです。花嫁任せにしたり、どちらか片方が決めてしまうのではなく、一生に一度の二人の最高の思い出を作る場所になるので、カップルでここが良いと感じることができるチャペルに決めます。当日はたくさんのゲストの招待もありますので、挙式を行うチャペルと披露宴をする会場との、距離的なことは問題が無いかも、二人で歩いてみて確認をすることです。披露宴会場とは離れているのが多くのチャペルウェディングの会場ですから、来てくれるゲストたちのことも考えての会場選びをします。自分たちの足で歩いてみないとわからないのもチャペルなので、実際に会場には足を運んでみること、ブライダルフェアに参加するのも良い鵜方法です。

 ホテルでの結婚式やレストランウェディングとは違い、名古屋でのチャペル式ウェディングでは、ベールダウンやバージンロードもあります。和装の結婚式とは異なる海外のウェディングスタイルは、挙式を迎える日本人カップルにとっても素敵な思い出の一コマになることです。ベールダウンは花嫁を邪悪なものから守ってくれますし、これまでの花嫁の人生を表現するのがバージンロードになります。この二つはチャペルウェディングの特徴的なものであり、育ててくれた両親への感謝の気持ちも沸き起こるので、ファミリーの絆を感じるシーンです。会場では聖歌隊の天使の歌声の中で、花嫁は父親から神父へと引き渡されますが、まさに女子が幼いころから夢を見ていた瞬間でもあります。美しいウェディング姿で、大好きな彼のもとへと、一歩一歩歩いていく姿に、ゲストたちの感動もひとしおです。

 海外映画の結婚式シーンを見ていると、挙式後に教会から出てくるカップルの二人には、美しい花びらを蒔いて祝福があります。これは海外での挙式ではスタンダードに行うことであり、日本での結婚式をするカップルでも、この光景に憧れる人は多いです。名古屋でのチャペルウェディングでは、海外ドラマや映画の挙式シーンのように、会場から出てきた花嫁と花婿には、花びらでの祝福のシャワーが待っています。参列者たちは出てくる新郎新婦を、手に花びらを持って待ち構えていて、カップルが出てきたら美しい花びらを二人に蒔きますが、これは意味がある行為です。ゲストたちがそれぞれに蒔く花びらは、とても良い香りのするものばかりであり、その香りはあたり一面を清めることになります。幸福を手にした二人をねたんで悪魔が邪魔をしないように、カップルを守りための意味がある行為です。

次の記事へ