Home > 名古屋のチャペルについて > 教会で行う名古屋チャペル挙式の披露パーティーは近隣レストランを

教会で行う名古屋チャペル挙式の披露パーティーは近隣レストランを

 まるで海外ウェディングの様なスタイルで挙式ができるのが、名古屋のチャペルウェディングですが、どうやって申し込むのかは気になります。専門の式場やホテルの敷地内に建設されているチャペルでの挙式であれば、施設の窓口への問い合わせをすることです。ブライダルデスクなどの窓口が用意されていることがほとんどですから、連絡をして問い合わせをしたら、デートを兼ねて下見をします。二人で行くからこそお互いに意見を述べ合うことができますし、気にいった施設だったら仮予約を出来るので、有効期限を確認です。レストラン会場や結婚式をプロデュースする会社などを通して、挙式開催などの話をして貰う方法もあります。チャペル挙式にかかる費用の目安ですが、チャペルでの挙式だけなのか、披露宴も含めるかで大きく異なる部分です。パッケージプランの場合は挙式だけではなく、チャペルでの式のあとに披露宴なども含む費用の定時になります。

 聖歌隊の歌声やオルガンの生演奏なども素敵な名古屋チャペルウェディングですが、その後の披露パーティーは、一体どこで行うかは気になります。どのようなチャペルでの結婚式かにもよりますが、街にある教会でのチャペルウェディングであれば、その後にレストランなどを貸し切って行うことが多いです。中には教会内の広めのホールを利用して、ごちそうはケータリングサービスを利用して、披露パーティーを行うこともあります。近くに素敵なレストランがある場合は、教会からレストランに移動をしてパーティーを行うことの方が多いです。専門のブライダルチャーチの場合だと、結婚式に必要な施設がほとんど揃っているので、併設されているパーティー会場を利用します。教会から近隣レストランへ移動をするのであれば、交通手段や移動などゲストの負担にならないようなプランニングにすることです。

 名古屋での待中の教会を利用してチャペルウェディングをするとき、控室やメイクルームがあるのかどうか、ホテルとは違うので確認をする必要があります。なかにはメイクルームや控室も用意も完備の施設もありますが、街の中にある教会は基本的に信者たちの集う場所であり、祈りを捧げる場所です。そのため挙式はできるとしても、もともと結婚式のために建設されたものではないので、結婚式場の様な挙式を想定している十分な施設はあまり期待はできません。教会の施設内で控室となる部屋を貸してもらったり、メイクやヘアに関しては近くの美容院を利用するなど、工夫をする必要もあります。しかしホテル併設のチャペルだとか、専門施設併設のチャペルであれば、結婚式を想定して用意されているので、控室もメイクルームも心配することはありません。そればかりかヘアメイクなども含めて、専属のプロスタッフが揃いっているので、メイクもブライダルヘアもばっちりで、チャペルウェディングをすることができます。

次の記事へ